メニューへジャンプ 本文へジャンプ

不動産システム開発会社 企業広告シリーズ

同社が、その機関誌の名称に「パートナーシップ」を
レジスターマークとして使用していたことをテーマに、
愛から始まり地球人まで
そのメッセージを繰り広げたシリーズ広告。

このシリーズは最初のラフ案を月曜日に提出、
それから撮影を開始し翌週の月曜日から二日おきに
掲載が始まるというドラマティックな
スケジュールで進行した。
また、この広告のモデルは、すべて素人。
通りがかりのおじいさんだったり、社員だったり、
果ては代理店の営業・デザイナーの子供、
カメラマンの飼い犬、など、
極めてドメスティックな雰囲気の中で制作された。

back vol.3 next
ページの終了