メニューへジャンプ 本文へジャンプ

重電産業 企業広告 新聞15段

テクノロジーを伝える企業広告だった。
すべて7〜8社でのコンペ(競合)プレゼンで、
研究所に行き技術者からレクチャーを受け、
分厚い資料を読み込んで案を練る。
で、各社の案が出そろったところで1案だけ選ばれる。
そのあげくの広告なので水準は高かった、と思う。

それにしても、広告のアイディアが出たとき、
いいアイディアほどなんだか当たり前のような気がして
きっとよそでもこんなアイディアあるんだろうなー
と思うのだが、蓋を開けてみると、
ダントツで気に入られることが多かったというのは、
これらの広告の企画とコピーを担当していた
今の当社スタッフの弁。

朝日広告賞。毎日広告賞、産業広告賞などを
連続で受賞した。

back vol.6 next
ページの終了