メニューへジャンプ 本文へジャンプ

コンピュータメーカー新製品告知 新聞15段・駅貼り・中吊り広告

当時画期的だったハンドヘルド(!)コンピュータの登場広告。
製品番号しかなかった同製品に、「サクセス」というネーミングを設定、
キャラクターに故ジョン・F・ケネディを使い、キャッチも
「人類に、愛と、勇気と、サクセス」とネーミングをからめた。
ちょうど、彼のホームカメラマンの写真集の版権の売り込みがあり、
その中の写真がいかにも良く、また、同社の先進的な企業イメージとも合う
ということで、こういった表現になった。
数社の競合プレゼンだったが、圧倒的な支持で決まった。
中吊り広告は、掲載日の朝から宣伝部あてに問い合わせや「欲しい!!」の依頼が殺到した。

その後出た、ビール会社の「愛と勇気とカンビール」を見たときには、
おいおい、著作権使用料としてビール1年分!!と思ったものだった!
整髪料の「サクセス」は、ま、しょーがないか、の感じだったのだが。

back vol.8 next
ページの終了